アメリカ・カナダ在住者234人に聞いたオススメのお米の銘柄

Rice

海外で生活していても主食になるのはお米なのは、やはり日本人。

日系・アジア系のスーパーに行くと色々なブランドのお米があり、どれを選んで良いのか迷います。さらには、一度買うと15lbs (約7kg)食べることになり、なかなかリスクを取る勇気も出ません。

インターネット上で調べても、どこまで宣伝か分からないし、各人の主観が入ったランキングなので、どれが良いのか、いまいちよく分からないし。

ということで、ツイッターでアンケートを取ってみたところ、

何と計234名の方にご回答いただけました。

ご回答いただいた皆様、ありがとうございました!

せっかくですので、現在住者やこれから移住される方の記録に残るように、noteにまとめました。

結果は予想外にバラツキましたが、下記表の通りでした。

1位:錦(にしき)

Nishiki

気になる一位は錦(にしき)!

錦は、価格と味のバランスで選んでいる方が多そうです。

Amazonの定期購入もあるとのこと。お米はスーパーで購入しても重くて持って買えるのが大変なので、定期購入は便利そうです。

2位:玉錦(たまにしき)

Tamanishiki

全体でも2位となりましたが、
とにかく味がダントツ!と2人のプロからのオススメです。

元コメの卸をしていたTsuneさん。


米農家出身のナッチョミーさん。

3位:雪花(せっか)

Sekka

我が家も今まで雪花でした。

理由は「最初に選んだのがたまたま雪花だったから」

全く積極的な理由ではありません。

アジア系スーパーの特売でかなり安くなっているときもあります。

4位:かがやき

かがやきも人気です。セールの状況によって買い分けている方も。

その他:田牧米

Tamaki

今回の選択肢外ではありますが、コメント欄では田牧米を推されている方も10名程度いらっしゃいました。


その他:国宝

Kokuho

コスコで買える、という理由で国宝を選んでらっしゃる方も2名いらっしゃいました。流通って大事ですね。

その他:誉、ひとめぼれ、オーガニック米、タイ米

タイ米を購入しているという方も!

おまけ:美味しいお米の炊き方(研ぎ方)

今年の初めにお米の研ぎ方に関するnoteを見て、研ぎ方を変えてみたら、一気にご飯が美味しくなりました。

「米研ぎ」を変えるだけで、ごはんは簡単においしくなる

ただ、めんどくさがりの我が家では、このnoteに書かれているように、

・ジップロックに入れてお米を冷蔵庫に保存したり、
・料理用のはかりで重さを計ったり、
・ボウルにお米を入れて洗う

なんてことはとても出来ません。

今までと変えたことは、内釜にお米を入れて洗うときに、

・水を切って「から」米を研ぐ
・水を注いで濁った水を捨てる

これを3回程度するようにしたことだけです。

(今までは水を入れたままお米を研いでいました。
 ボウルに入れかえるのがめんどくさくて、内釜を使って研いでいます・・・)

これだけで、ご飯がめちゃくちゃ美味しくなりますので、お試しください。

もちろん几帳面な方はnoteに書かれている通りに・・・

まとめ

今回のアメリカ・カナダ在住者へのお米の銘柄アンケートでは、予想外に結果がバラつきました。

味ではダントツ「玉錦」が美味しい!とのことなので、今買い溜めている雪花が無くなったら、玉錦に挑戦したいと思います。

Tamanishiki

今回の記事がアメリカ・カナダ在住の皆さんのご参考になれば幸いです!

Yoshi @yoshi_kotch でした。

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です