アメリカで使うレターサイズとA4サイズの違い:標準用紙サイズ

A4-Letter Size

アメリカの会社と仕事をすると、Wordでもらった文章を印刷するときにレイアウトが崩れるという経験をします。

これは、アメリカで標準的に使用される用紙サイズがA4とは微妙に異なるためです。

  • 日本   A4サイズ (210 x 297 mm)
  • アメリカ レターサイズ (216 x 279 mm / 8.5 x 11 インチ)
A4-Letter Size

横幅はほとんど同じですが、レターサイズは 約20mm (2cm)縦に短いです。

アメリカの会社と仕事をする際には、A4でWord資料を作って送ると、現地での印刷時にレイアウト崩れが起こります。

最初からレターサイズで資料を作るか、
pdfにフォーマットを変換してから送る

ことをお勧めします。

皆さんのご参考になれば幸いです!

Yoshi @yoshi_kotchでした。

1 COMMENT

アメリカでのA3サイズの印刷方法 出生届の用紙を自分で準備する | A I U E Ouchi.com

[…] 恥ずかしながら私はアメリカで日常的に使われているコピー用紙のサイズが日本と異なるらしいことを知りませんでした。詳しくはこちらのサイトでとてもわかりやすく紹介されています。https://yoshikoike.com/letter-a4-size/A4サイズと似たようなのがLetter size、その倍、つまりA3サイズと似たようなのが11×17です。ややこしいのが、これらがほんと似たような大きさなんですよね・・・。 […]

返信する

アメリカでのA3サイズの印刷方法 出生届の用紙を自分で準備する | A I U E Ouchi.com へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です